映画 ネタバレ感想

映画「来る」のあらすじと結末ネタバレ・感想!【2018年12月7日公開】

小説「ぼぎわんが、来る」を実写化した映画「来る」結末やネタバレあらすじをご紹介します。

岡田准一、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡など超豪華キャストが出演する話題作です。

ひよこ
ひよこ
当記事では、映画「来る」のネタバレあらすじや、視聴した感想などを紹介しています。

なお、映画「来る」はTSUTAYA DISCASで動画フル配信中です。

ネタバレせずに動画で楽しみたい場合は、TSUTAYA DISCASの無料体験キャンペーンを利用して無料で見ることが可能です。

\登録は2分で完了/

ボタンをタップするとTSUTAYA DISCAS公式サイトに移動します。
好きな時に解約できて解約金も無料なので安心。

ぶた先生
ぶた先生

映画「来る」の動画フルを無料で観る方法を、もっと詳しく調査した記事もあるので、よければ参考にしてみてください。

映画「来る」のフル動画を無料視聴する方法を紹介!【無料で視聴する方法】来るの動画フルを無料で見る方法を徹底的に調査!hulu、Netflix、FODプレミアム、TSUTAYA TV、U-NEXTなどの配信状況、デイリーモーション、Pandoraなど海外サイトも調べました。作品情報と合わせて紹介。...

※この記事に掲載している「来る」の配信情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

映画「来る」の作品紹介

来る 無料動画(C)2019映画「来る」製作委員会

【原作】
西野智也:ぼぎわんが、来る

【キャスト】
岡田准一野崎/黒木華田原香奈/小松菜奈比嘉真琴/松たか子比嘉琴子/妻夫木聡田原秀樹/青木崇高津田大吾/柴田理恵逢坂セツ子/太賀高梨重明/志田愛珠/蜷川みほ/伊集院光スーパーの店長/石田えり/西川晃啓/松本康太/小澤慎一朗

【監督】
中島哲也

【脚本】
内山亮

【劇場公開日】
2018年12月7日

【DVDレンタル・動画配信日】
2019年7月3日

【主題歌】
設定なし

【作品概要】

「嫌われ松子の一生」「告白」「渇き。」の中島哲也監督が、岡田准一を主演に迎え、「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー。黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが顔をそろえる。恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に「知紗さんの件で」との伝言を残していく。知紗とは妊娠した香奈が名づけたばかりの娘の名前で、来訪者がその名を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が謎の死を遂げる。それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、不安になった秀樹は知人から強い霊感を持つ真琴を紹介してもらう。得体の知れぬ強大な力を感じた真琴は、迫り来る謎の存在にカタをつけるため、国内一の霊媒師で真琴の姉・琴子をはじめ、全国から猛者たちを次々と召集するが……。

引用:映画.com

映画「来る」の3つの見どころ

来るの動画フルを無料で観る(C)2019映画「来る」製作委員会

  • ホラー小説「ぼぎわんが、来る」を実写化!
  • 岡田准一、妻夫木聡、小松菜奈、松たか子、黒木華、青木崇高など豪華キャスト!
  • ホラー要素とミステリーを複合した衝撃的な内容!
ひよこ
ひよこ
最近のホラー映画の中では個人的に面白い方に入る映画で当たりでした!

映画「来る」のあらすじと結末ネタバレ

映画「来る」のストーリーを「起承転結」で紹介します。

※結末部分含め、ネタバレを含むので注意してください。

「来る」あらすじ:ネタバレ起

田原秀樹(妻夫木聡)は幼いころ名前も覚えていない少女に「うそつきの悪い子な秀樹くんのとこにも来るよ。

お山に呼ばれるよ」と言われ、その後その少女が失踪した過去がありました。

しかし秀樹はそんなトラウマを打ち消すような空元気ともいえる生き様で、スーパーに勤めていた内気な女性である香奈(黒木華)と結婚します。

香奈は自分の母親がネグレクト気味でまともな親に育ててもらったことがなかったことから親になることや幸せになることに臆病でしたが、強引な秀樹の生きざまに巻き込まれるような形で、秀樹と人生を共にします。

そしてとうとう、女の子を授かります。

秀樹はブログをはじめ、イクメンぶりをアピールするような記事を毎日のように投稿します。

ある日、まだ子供が生まれていない時に、会社の後輩から「ちささんのことで話があるって女の人が来ています」といわれます。

「ちさ」とはこれから生まれてくる子供につけようとしていた名前で、誰にも言っていませんでした。

何か嫌な予感がして玄関にむかった秀樹でしたがそこに誰の陰もいません。

後輩もにどんな人だったか問いただしますが、突然「あれ?思い出せない」と言い始めます。

なんだそれ、と肩をおろした秀樹でしたが、突然目の前でその後輩が血まみれになって倒れます。

病院に行くと、「何か動物に噛みつかれたような痕だった」と聞かされます。

そのまま後輩は衰弱して死んでしまい、秀樹は得も言われぬ恐怖に包まれながら、娘「ちさ」の誕生をむかえます。

娘は元気に育ちますが、次第に香奈の元気がなくなり、ある日家に帰ると、自宅に飾っていた大量のお札がすべてちぎり落され、部屋中が荒らされていました。

香奈は娘を抱きしめ泣いています。

秀樹は「あいつが来たのか」と口にし、恐怖に顔色を曇らせます。

「来る」ネタバレあらすじ:承

秀樹は結婚式の時に再会した、現在民俗学の研究をしている津田大吾(青木崇高)に相談します。

津田は、自分の伝手で怪異について詳しい人間を知る、ライターの野崎昆(岡田准一)を頼り、野崎の知り合いである比嘉真琴(小松菜奈)のもとを訪ねます。

真琴は、秀樹に迫る驚異の避け方について「あなたがもっとお子さんと奥さんに優しくすればいい」とつっけんどんに伝えてしまい、自分はイクメンで家族の為にやっているという秀樹の自尊心を傷つけてしまい、真琴のもとを飛び出してしまいます。

しかし真琴は自分の発言を反省し、秀樹の家を野田とともに訪ねてきます。

真琴と遊ぶ娘や話をする香奈を見て、久しぶりに笑っている二人に、秀樹はホッとします。

しかし突然、真琴が怯えだします。

どうしたのか尋ねる野田に、「来る!」と伝え、窓に向かって立ちはだかり、「来るな!」を叫びます。

部屋中に突風が吹き荒れ、お札が引きちぎられ、部屋中が荒らされていきます。

ようやく風が収まると、真琴が小さく「帰った」と告げます。

すると真琴の携帯に姉の比嘉琴子(松たか子)から電話がかかってきます。

秀樹が電話を替わると「あなたを狙っているそれは、真琴で太刀打ちできるようなものではありません。

あなたと家族の命を狙っています。

私は別の案件で対応出来ませんが、腕のいい知り合いを行かせますのでそのものと対策して下さい」といわれます。

あまりの事態に怯える秀樹でしたが、家族の為に紹介された霊媒師と会います。

しかしその霊媒師と会っている最中、秀樹の電話に電話がかかってきます。

霊媒師は、「あれは、あなたの知り合いの声を使って電話してきています。

でも、返事をしなければ大丈夫」と言います。

電話に出た秀樹でしたが、相手の誘いにひっかかり返事をしてしまいます。

すると目の前で霊媒師が血を吐き死んでしまいます。

野田に「あんたの家族を狙ってるなら、すぐに家に帰れ!」といわれ、自宅に帰ります。

帰りながら自宅に電話すると、真琴が家にいました。

真琴に家族を連れて逃げるよう伝え電話を切ると、今度は携帯に琴子から電話がかかってきます。

やつを倒すために、家中の鏡を割り、刃物を布でくるんで片付け、床に水を注いだコップを入れておくように指示されます。

指示通りに秀樹が対応すると「後は扉を開けて下さい、私が何とかします」と言われます。

扉を開けたところで、家の電話が鳴ります。

琴子が「出ないでください」といいますが、香奈かもしれないと秀樹は電話に出ようとします。

間に合わず留守録から聞こえてきた音声は、なんと琴子でした。

電話機の声の琴子は「今すぐ刃物を持って鏡の近くに避難してください」といいます。

携帯電話の琴子と電話機の琴子、どちらが本物なのかわからなくなっていく秀樹に、電話機の琴子がいいます。

「聞いて下さい、田原秀樹さん」と。

秀樹さんと問われたことで、秀樹は携帯の琴子が「アレ」だったことに気付きます。

しかしすべてが遅く、秀樹は下半身を何かの動物に食いちぎられたような亡骸となって遺体で発見されるのでした。

「来る」ネタバレあらすじ:転

秀樹が死んで、香奈は悲しむどころかせいせいしていました。

実は香奈は秀樹からの「お母さんはこうしないといけないでしょう」という言葉や「一人子供を産んだだけの癖にえらそうに」と酷い罵りをうけていたのです。

そして、津田と不倫していました。

津田から魔よけのお守りだと言ってお札を渡され、それを秀樹の仏壇に備えながら、パートと子育てで香奈は手一杯でした。

そんなある日、真琴が訪ねてきて香奈を手伝ってくれるようになりました。

香奈は真琴に子供をあずけて津田との逢瀬を重ねます。

しかしながら、実は津田は香奈の自宅に悪いものが寄ってくるよう呪詛をかけていたのです。

野田の指摘でそれを火で焼いた真琴でしたが、再び「アレ」がやってこようとしていました。

真琴は香奈に娘を連れて逃げるようにいい、自分はベランダの外に飛び出します。

すぐに窓ガラスが真琴の血しぶきで染まります。

香奈は必死に娘を連れ、家を飛び出し、人の多い駅で腰を落ち着かせます。

娘がトイレに行きたいというのでトイレに連れて行った香奈でしたが、突如、娘が「お山に行きたい」と言い始めます。

するとトイレの扉ががんがんと叩かれ始め、香奈はそこに「アレ」がやってきたこと、そして娘が狙われていることを知ります。

娘は渡さないと叫んだ香奈でしたが、扉が開いてしまい、香奈は無残にも殺されてしまい、娘は連れ去られてしまいます。

「来る」あらすじの結末ネタバレ

来るの動画を見た感想(C)2019映画「来る」製作委員会

ひよこ
ひよこ
ここから先は結末のネタバレを含みます。
結末を知りたい場合だけ、下記ボタンをタップしてください。

結末をネタバレせずに動画を見る場合は下記からどうぞ。

ボタンをタップするとTSUTAYA DISCAS公式サイトに移動します。
解約は好きな時に無料でできるので安心です。

結末ネタバレ
タップすると表示します

真琴は一命をとりとめました。

野田がベッドで真琴の様子を見ていると、真琴の姉の琴子がやってきます。

そして、「私の知り合いを総動員してアレをなんとかします」といわれます。

そのためにまずは部屋をキレイに片付けて欲しいと頼まれ、野田は血まみれの秀樹の家をキレイに片付けます。

ちょうど片付け終わったところで、琴子がやってきます。

琴子は出て行ってもいいしそこにいてもいい、邪魔さえしないならといいます。

その場にとどまることに決めた野田でしたが、そこへ病院から行方不明になっていた真琴がやってきます。

真琴は野田に「香奈さん、いらないから娘をあげるといったんだ。

私たちでこの子を育てよう?」といって大きく膨らんだ腹を見せてきます。

しかし真琴は子どもが産めない体質で、妊娠できるはずもありません。

琴子の読経が始まると、真琴は激しく苦しみ始め、血反吐を吐き出します。

琴子は野田に「真琴は弱いので、アレに入られてしまったのです。

アレはあの世の生き物。

この子供ももう返してしまえば全て丸く収まります」と祭壇の前でお札をはってロープで縛った、行方不明だったはずの秀樹と香奈の娘を指します。

野田は無性にその子供を救いたい気持ちにかられ、少女を奪って抱きしめます。

琴子は「あなたも真琴も愚かだわ。

そんなに欲しいならしっかり抱いていなさい」というと、野田をベランダから突き落とします。

そして見事「アレ」の祓いを終わらせたのでした。

正気を取り戻した真琴は野田と一緒にベンチに座っています。

香奈と秀樹の娘も一緒です。

少女はすやすや眠っています。

まるで、何も知らないかのように。

「大好きなオムライスの夢でも見てるのかな」という真琴の言葉に、野田はようやく表情を緩めるのでした。

映画「来る」の感想

主演級の役者さんがどんどん死んでしまって、何を信じたらいいのか分からないストーリー展開にとてもハラハラドキドキしました!

いきなり怖いものが飛び出てくるホラーではなく、ストーリー性の深い「考える怖さ」です。

夏に見るにはとてもぴったりの作品でした。

最後は後味の悪い終わり方ではなく、読後もすっきりでとてもよかったです。

ひよこ
ひよこ
主役級のキャストが本当にドンドン死んでいってスピード感もあります!

映画「来る」を無料で見るなら

TSUTAYA DISCASは来るの無料動画+1本視聴OKTSUTAYA DISCASt

TSUTAYA DISCASは30日間の無料体験が可能で、この期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

また、TSUTAYA DISCASをおすすめする1番の理由が、無料登録だけで1080ポイント(映画2本分)もらえることです。

TSUTAYA DISCASで配信中の動画は

・ポイントレンタル動画
・見放題動画

の2種類があります。

映画「来る」はポイントレンタル動画なので、通常は料金が必要ですが、

現在、無料登録で1080ポイントプレゼントのキャンペーン中なので、このポイントを使って無料で「来る」のフル動画を見ることができます♪

さらに、TSUTAYA DISCASの見放題動画には約8000本のアダルト動画が多数含まれています。

動画に特化しているので、漫画やドラマなどは充実していませんが、新作映画の豊富さとアダルト動画を見れるという点は他の動画サービスにはない強みで、非常におすすめの動画配信サービスです。

30日間は無料体験できるので、実際に使ってみてオトクだと感じれば継続、合わなければ解約してしまいましょう。

世の中には解約手続きが面倒なサービスも多いですが、TSUTAYA DISCASはマイページからすぐに解約が可能で、手順がわかりやすいので安心です。

↓登録後、すぐに視聴可能↓

ひよこ&クマ
ひよこ&クマ
「来る」の他にもう1本新作映画のフル動画が見れるって超オトクだね!
ぶた先生
ぶた先生
さすがTSUTAYAという感じですね。