映画 ネタバレ感想

映画「食べる女」のあらすじと結末ネタバレ・感想!小泉今日子主演で実写化【2018年公開】

筒井ともみの短編小説を小泉今日子主演、沢尻エリカ、鈴木京香、山田優など8人の女性キャストを中心に実写化!

「食」と「性」をテーマに女性の日常を描いた映画「食べる女」について紹介します。

ひよこ
ひよこ
当記事では、映画「食べる女」のネタバレあらすじや、視聴した感想などを紹介しています。

なお、映画「食べる女」はTSUTAYA TVで動画フル配信中です。

ネタバレせずに動画で楽しみたい場合は、TSUTAYA TVの無料体験キャンペーンを利用して無料で見ることが可能です。

\登録は2分で完了/

ボタンをタップするとTSUTAYA TV公式サイトに移動します。
好きな時に解約できて解約金も無料なので安心。

ぶた先生
ぶた先生

映画「食べる女」の動画フルを無料で観る方法を、もっと詳しく調査した記事もあるので、よければ参考にしてみてください。

映画「食べる女」のフル動画を無料視聴する方法を紹介!【無料で視聴する方法】食べる女の動画フルを無料で見る方法を徹底的に調査!hulu、Netflix、FODプレミアム、TSUTAYA TV、U-NEXTなどの配信状況、デイリーモーション、Pandoraなど海外サイトも調べました。作品情報と合わせて紹介。...

※この記事に掲載している「食べる女」の配信情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

映画「食べる女」の作品紹介

食べる女 無料動画(C)2018映画「食べる女」倶楽部

【原作】
食べる女ー決定版ー(新潮文庫)[筒井ともみ]

【キャスト】
(餅月敦子)小泉今日子/(小麦田圭子)沢尻エリカ/(白子多実子)前田敦子/(本津あかり)広瀬アリス/(茄子田珠美)山田優/(米坂ツヤコ)壇蜜/(豆乃・リサ・マチルダ)シャーロット・ケイト・フォックス/(鴨舌美冬)鈴木京香/(タナベ)ユースケ・サンタマリア/(豆乃修治)池内博之/(白石)勝地涼/(友太)小池徹平/(矢々田)笠原秀幸/(シノザキ)間宮祥太朗/(哲太)遠藤史也/(米坂トキヲ)RYO/(お客さん)PANTA/(淳)眞木蔵人/(桃井はる)小島聖/(桃井由有羅)宇田琴音/(米坂ミドリ)鈴木優菜/(米坂リュージ)瀧福之助

【監督】
生野慈朗

【脚本】
筒井ともみ

【劇場公開日】
2018年9月21日

【DVDレンタル・動画配信日】
2019年4月24日

【主題歌】
主題歌:Leola「Kissing」

【作品概要】

雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人。料理をこよなく愛する彼女の家には、恋や人生に迷える女たちが夜な夜な集まってくる。トン子を担当する編集者で男を寄せつけないドドこと小麦田圭子、ドドの飲み仲間であるドラマ制作会社の白子多実子、求められると断れない古着屋店員の本津あかり、いけない魅力を振りまくごはんやの女将・鴨舌美冬ら、年齢も職業も価値観もバラバラな彼女たちを、おいしい料理を作って迎え入れるトン子だったが……。

引用:映画.com

映画「食べる女」の3つの見どころ

食べる女の動画フルを無料で観る(C)2018映画「食べる女」倶楽部

  • 前田敦子と旦那の勝地涼が共演!
  • 広瀬アリスや山田優など人気の女優が多数出演!
  • 原作は筒井ともみの短編小説!

映画「食べる女」は筒井ともみの原作小説を実写化した作品です。

小泉今日子を中心に8人の女性の日常を食を通して描くオムニバス要素もあります。

仕事を通して人生の深さや食事の大切さ人間関係や人生の奥深さが感じられる映画です。

ひよこ
ひよこ
沢尻エリカや広瀬アリスのベッドシーンがあるなんて!

映画「食べる女」のあらすじと結末ネタバレ

映画「食べる女」のストーリーを「起承転結」で紹介します。

※結末部分ではネタバレを含みますので注意してください。

「食べる女」ネタバレあらすじ:起

作家の餅月敦子(小泉今日子)の家には、いつも誰かが食事に訪れています。

「原稿は締切日を落とすことはあっても、三食のご飯は絶対落とすことはしない」と友人からも絶賛されるほど食事を大切にしています。

その日も、和食料亭の女将である鴨舌美冬(鈴木京香)、敦子の編集担当である小麦田圭子(沢尻エリカ)、そして不倫ばかりしてきた刺激のない今の恋に虚ろな白子多実子(前田敦子)の四人で食事を作り、晩ご飯を食べます。

口いっぱいに頬張り、食後のおやつも食べながら、4人は男とセックスについて、お互いの恋愛について話をします。

不倫しかしてこなかった多実子は、今付き合っている自分に対して真剣なイラストレーターの彼氏に「何か刺激が足りない」と人生のつまらなさを嘆きます。

圭子は、出会いもないし自分のマンションを自分で買ってからは、自分で生きていくことができるようになったので、男性に対しての興味もなくなったと告げます。

一方で美冬は若い料理人見習いの男性二人と寝てしまい、「美味しくいただいたけど、仕事する人間がいなくなった」と冗談めかして話します。

次の日があるからと解散することになった四人でしたが、多実子は一人バーに向かって次のお酒を楽しむことにしました。

バーは4人目の子供をお腹に宿す茄子田珠美(山田優)とその元旦那さんが切り盛りしています。

そこには酔い潰れた本津あかり(広瀬アリス)がいます。

あかりは男に振られたばかりで、やけ酒をしており、「止めようと思うが止めると、いつも悲しそうな顔をするので止めにくい」と珠美も苦笑します。

女性達はそれぞれ、自分の人生のうまくいかない部分に思い悩んでいました。

豆乃・リサ・マチルダ(シャーロット・ケイト・フォックス)は、夫(池内博之)から結婚する際に「ご飯なんて作れなくてもいい」と言われ、本当にいつもお惣菜ものやレンジでチンをする食事ばかりを作っては提供していました。

しかしある日、ついに夫から「レンジでチンをする音はもう二度と聞きたくない。俺はうまいものが食べたいだけだ。離婚してほしい」と言われてしまいます。

泣きながら歩いているマチルダを美冬が見つけ、営業時間外でしたが和食をふるまいます。

あまりに美味しそうに食べ干す姿に情が沸いた美冬は、敦子の元へ行き、マチルダを敦子の家に住まわせてくれないか頼み込みます。

そして、大切な恋人を亡くして長年一人暮らしをしていた敦子のもとに、下宿生としてマチルダが住み始めるのでした。

「食べる女」ネタバレあらすじ:承

敦子のもとで下宿をしながら美冬の元で初めての料理を学んだマチルダは、食事を作って食べることの楽しさ、奥ゆかしさ、素晴らしさ、そして「大切さ」を実感します。

今までの自分は間違っていて、本当に大切なことを見落としていた、とマチルダは自分を反省し、前に進む決心をします。

敦子の元での下宿生活も終え、一人暮らしを始めながら美冬の元で料理の修行に励むマチルダ。

そこへある日、離婚届を突きつけて突然出て行った夫が訪れます。

マチルダはちょうど一人で仕込みの準備をしていましたが、そっと男性に向かって簡単な料理を作り、差し出します。

「お前なんかが食事を作れるのかよ」と言う夫に一瞥もくれず、マチルダは黙って箸と一緒に食事を男の前へ出します。

夫はそれを一口食べ、二口食べ…すべてを食べ終えます。

それを見計らったように、マチルダは覚悟と晴れ晴れした表情で、「今の私はこれまでの自分がダメだったことに気づきました。

今の私とちゃんと向き合う覚悟ができたら、またここに来てください」と夫に告げます。

夫の顔色を窺ってばかりだったマチルダの強い様子に、夫は驚きを隠せないまま、その店を後にします。

敦子の他人との同居生活も終わり、敦子はまた一人暮らしに戻ります。

マチルダや近所の小学生の進めで掘り始めた枯れ井戸の様子を見ながら、「井戸に水は湧かないだろうか」「共同生活も悪くなかったな」と考えます。

そんな折、近所の小学生ミドリ(鈴木優菜)が、「下宿人は私じゃダメですか!?」と立候補してきます。

ミドリは、旦那に愛人を作られ別れを切り出された母親米坂ツヤコ(壇蜜)と自分の弟との3人で暮らしていました。

ツヤコは別れを告げられた夫にまだ執着していて、すでに別の女性と結婚している元旦那のもとに子供を連れて訪れ「ピクニックに行きましょう」と狂ったように誘ってしまうような、精神的に安定していない状態でした。

しかし敦子の元へ引っ越しすることが決まり、ツヤコは色々な物を処分するうちに、「色々なことが吹っ切れた」と嬉しそうな表情に変わりました。

敦子の周りには、孫のような存在の子供が増えて、大人数での生活となり、家は一層賑やかになります。

「食べる女」ネタバレあらすじ:転

敦子やマチルダの他にも様々な女性に、人生の転機が訪れていました。

圭子は、食堂で出会ったタナベ(ユースケ・サンタマリア)という男性に、家で食事を振る舞ってもらったことがきっかけで、その男性と深い仲になることとなりました。

今まで自分の城を築き、男なんてときめきだけくれれば、安心感も何もいらない、と考えていた圭子でしたが、次第にタナベの尊台を待ちわび、タナベに惹かれている自分を否定できなくなっていました。

男性との付き合い方も出会い方も忘れたと思っていた圭子でしたが、確かにそれは大人の恋であったのです。

しかしある日突然、家に帰ると家の入り口にお弁当がぶら下げてありました。

その中に入っていたのは手紙とお重。

手紙には、「北海道への出張が決まりました」と書かれてありました。

圭子は自分は恋をしているといまだ認めていませんでしたが、タナベがいなくなることを知り、涙が溢れ自分がタナベを好きだったことをようやく自覚します。

一方で浮気ばかりされていたあかりは初めて自分にプラトニックな恋愛を求めてくるキラキラした男性、友太(小池徹平)と出会います。

これまでは弾き肉料理のように安くて早くて簡単な軽い女だったと落ち込んでいたあかりでしたが、友太に対しては、自分は挽肉のような安くて早くて簡単な女にはならない、と決めて付き合いを進めます。

しかし、あかりの方からどうしても我慢できず友太に手をつけてしまいます。

しかし優しい友太はセックスをした後も、あかりとの関わりをやめず長くあかりを幸せにしてくれるようになります。

「食べる女」結末ネタバレ

食べる女の動画を見た感想(C)2018映画「食べる女」倶楽部

ひよこ
ひよこ
ここから先は結末のネタバレを含みます。
結末を知りたい場合だけ、下記ボタンをタップしてください。

結末をネタバレせずに動画を見る場合は下記からどうぞ。

ボタンをタップするとTSUTAYA TV公式サイトに移動します。
解約は好きな時に無料でできるので安心です。

ある日、美冬の店を貸し切りにして全員で飲み会をすることとなりました。

メンバーは、敦子、圭子、多実子、美冬、そして多実子の知り合いで男性のバーテンダーに恋をする男性、白石(勝地涼)です。

料理で出てきた品の1つにはマチルダが初めて作り、これからお店の料理として出すデビュー作の料理も含まれていました。

みんなが美味しいと言って食事をしてくれて、マチルダも嬉しそうに微笑みます。

イラストレーターの彼と付き合っていた多実子は、「別れを決めて、もっと自分なりの恋愛をしようと、今決意している所だ」と半分酒に酔い、涙ながらに語ります。

女性達は各々が自分の人生を生き、そして誰で食べることで満たされ、また空腹をもよおし、そして満たされていくことの繰り返しであることを心に刻みながら、日々を過ごしていることをぼんやりと考えます。

白石が酔いつぶれた頃、敦子の家にいる子供たちの話になり、孫のように可愛いという言葉を聞いて、みんなが「会いたい」と言い出します。

そして急ではあったものの、全員で敦子の家に向かい、ミドリとその弟、そしてツヤコに会い、食べ物をつまみに笑い合います。

敦子の家に移動している間に、見冬の店には、とマチルダに離婚届を突きつけた男性が、「戻ってきて欲しい」と泣きながら入ってきます。

タナベも「ここに圭子がいると聞いたから」と現れ、男二人は行き場のない様子で女性達の帰りを待っています。

女たちは、食事とセックスで、満たされ失い、そして満たされながら、日本中で自分なりの人生を生きています。

ある晩、敦子はようやく自身の原稿を完成させ、パソコンで「完」の文字を打ち込みます。

暗い台所で、ほかほかの白飯をついだお茶碗の中に卵を一つ落とし、卵かけご飯を頬張って満足そうに微笑みます。

枯れ井戸のなかはいつの間にか水で満たされ、卵かけご飯の卵のように、丸い月が1つ水面にゆらゆらと揺れていました。

映画「食べる女」の感想

映画「食べる女」は、ただ食事を作ってそれを食べ、楽しむ女性たちの姿を描くストーリーかと思っていました。

しかし、実際はそれぞれの女性にそれぞれの人生があり、そのストーリーが一つ一つ際立っていてとても奥深い作品で驚きました!

映画の中で作られるご飯はどれもとても美味しそうで、食事を巡って人のやり取りや関係性が深まっていく様子も非常に感慨深かったです。

シャーロット・ケイト・フォックスさんが出演するシーンでは、片言のの日本語が非常に可愛らしく見ていて楽しかったです。

「食べる女」は人生を満たす哲学を、「食べる」という行為に見出す作品で、非常に見ごたえがありました。

ひよこ
ひよこ
オムニバスっぽい感じですが、1つ1つの話がしっかり内容があって見応えがあります。

映画「食べる女」を無料で見るなら

TSUTAYA TVは食べる女の無料動画+1本視聴OKTSUTAYA TVt

TSUTAYA TVは30日間の無料体験が可能で、この期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

また、TSUTAYA TVをおすすめする1番の理由が、無料登録だけで1080ポイント(映画2本分)もらえることです。

TSUTAYA TVで配信中の動画は

・ポイントレンタル動画
・見放題動画

の2種類があります。

映画「食べる女」はポイントレンタル動画なので、通常は料金が必要ですが、

現在、無料登録で1080ポイントプレゼントのキャンペーン中なので、このポイントを使って無料で「食べる女」のフル動画を見ることができます♪

さらに、TSUTAYA TVの見放題動画には約8000本のアダルト動画が多数含まれています。

動画に特化しているので、漫画やドラマなどは充実していませんが、新作映画の豊富さとアダルト動画を見れるという点は他の動画サービスにはない強みで、非常におすすめの動画配信サービスです。

30日間は無料体験できるので、実際に使ってみてオトクだと感じれば継続、合わなければ解約してしまいましょう。

世の中には解約手続きが面倒なサービスも多いですが、TSUTAYA TVはマイページからすぐに解約が可能で、手順がわかりやすいので安心です。

↓登録後、すぐに視聴可能↓

ひよこ&クマ
ひよこ&クマ
「食べる女」の他にもう1本新作映画のフル動画が見れるって超オトクだね!
ぶた先生
ぶた先生
さすがTSUTAYAという感じですね。